探す前に知っておく

新築で家を建てる場合は土地を探す必要がありますが場合によっては失敗してしまうことも考えられます。その後悔する原因の1つに土地があります。事前に予想していなかった事態が起こり、こんなはずではなかったと思われる方もいらっしゃいます。そのような自体にならないために土地探しの注意点を見ていきましょう。土地探しで最も重要な事は現地を必ず確認することです。しかも1度見ればいいのではなく、時間帯別や天候の違う日と何度も確認することが重要です。時間帯別では朝、昼、夜と必ず確認しておきましょう。通勤や通学の道路環境や交通量、騒音、街灯の状況などを確認することは重要です。必要であれば写真などを撮っておきましょう。

次に確認すべきことは、自然についてです。住み心地を大きく左右するのは日当たりです。そのため太陽の動きによってどのような影ができるかなどを確認しておきましょう。この確認は家を建てる際に、間取りや窓の位置を決める時大きく参考になるはずです。また風の通り具合も確認を忘れずにしておきましょう。また土地固有の状態を確認しておきましょう。土地の形状や地盤の状態、隣地との境界などは家を建てる際に重要な要素となってきます。また建築基準法により、前面道路は4メートル以上で、かつ2メートル以上接してなくてはなりません。そのため前面道路の状況を確認することは重要な事になります。また前面道路が公道か私道かを確認しておきましょう。その他にも、建ぺい率や容積率、高さ制限、用途地域などを不動産会社の方と確認しておきましょう。