金額を参考にする

東京で一戸建てを購入すると言うととても高いイメージがあります。実際に東京都の一戸建てを建てる場合、その地価を見てみると、地価は全国一高く、一平方メートル当たり80万円もします。大阪府ですら1平方メートル当たり23万円ですので、その価格差に驚く人も多いのです。東京近郊の埼玉県、神奈川県、千葉県などでも1平方メートル当たり10万円から15万円ぐらいが相場です。また、同じ東京都内でも一番価格が高い中央区に一戸建て住宅を建築するのと、あきる野市に一戸建て住宅を建築するのでは全く違います。では、中央区に一戸建て住宅を建築する場合はどれくらいお金がかかるのでしょうか。中央区の1平方メートル当たりの地価はおおよそ500万円です。

普通、一戸建て住宅を建築するには100平方メートルの土地は必要なので、土地だけで5億円です。普通の住宅を建てるとしても5億3000万円ぐらいはかかります。普通のサラリーマンは確実に破産します。では、これに対してあきる野市はどうでしょうか。同じ東京都内ですが、東京の西側に位置します。あきる野市の地価は1平方メートル当たり10万円です。5億円もあれば大豪邸が建ちます。100平方メートルの土地を購入したとしても1000万円ほどです。そこに建物を建てたとしても3000万円もあれば十分に建てることができるのです。このように、同じ東京都内であっても土地の価格がさっぱり違います。これほど土地の価格に差がある都道府県は他にはないのです。